Page 4 of 6  « First  ... « 2  3  4  5  6 »

妊婦健診:26週目

8 月 23rd, 2009

これまでは1月おきの通院だったのですが、今後は段々と通院間隔が短くなっていくそうです。

今回は、前回から3週間後の26週目で体重は800g位との事。

さらにエコー検査で、やっと男の子だという事が分かりました~。

↓これくらいかな

ツꀀ

後は、エコー検査すごいですね~

顔の輪郭・目・鼻・口が分かる映像が写っていました。

ツꀀ

ん~ やっと性別も分かったので、ベビー服の購入やら名前の具体的な検討やらすすめられそうです~

レシートリーダー:妊婦健診などの出産にかかった費用 5ヶ月目

8 月 11th, 2009

月に一度の家計簿集計ネタ。

今回もレシートリーダーから出産関係の収支を抽出してみました。

5ヶ月目

日付

店名

品目

価格

費目

2009/07/02

産婦人科

医療費

3,940

教育・育児

2009/07/04

株式会社西松屋チェーン

被服費

1,799

教育・育児

2009/07/04

株式会社西松屋チェーン

被服費

1,299

教育・育児

2009/07/11

コクミンドラッグ御徒町店

化粧品

348

教育・育児

2009/07/11

IZUMI

被服費

1,900

教育・育児

2009/07/30

産婦人科

医療費

3,000

教育・育児

2009/07/30

てもみん上野アブアブ店

医療費

2,600

教育・育児

合計

ツꀀツꀀ

14,886

ツꀀ

ツꀀ

5ヶ月目の出産費用は14,886円と抑え目な結果。

最後の"てもみん"は、上野に数多くある金券ショップで"てもみん"のチケットを購入し500円割引券を購入して・・・足のムクミ対策です。

残念ながら足のマッサージはして貰えなかったのですが、背中だけでも足のムクミに効果あり。

ツꀀ

妊婦健診関係系

他の大きな費用は、月初と月末の2回あった産婦人科となります。

妊婦健診助成により5,000円は助成された結果の筈なのですが、毎回3,000円以上かかってしまいます。

妊婦健診助成について、うちの状況と同じ記事が見つかりました。

「【ゆうゆうLife】「妊婦健診」無料じゃないの? (1/3ページ) - MSN産経ニュース」

http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/090702/wlf0907020808001-n1.htm

東京都内に勤務する会社員、小山内香さん(34)=仮名=は妊娠8カ月。出産予定の病院で2週間に1度、妊婦健診を受けるが、その費用に納得できない。
「受診した過去6回のうち、2回は1万円以上。それ以外も6000円とか、安くても3000円くらい。昨年から、政治家も、ネットの識者も『14回無料化』って断言していたから、てっきり無料になるとばかり思っていたのに。助成額はどこへ行ってしまったんでしょうか」

ツꀀ

うちのデータから妊婦健診のみ抽出

日付

店名

品目

価格

備考

2009/04/01

産婦人科

医療費

17,400

妊婦と確定する前は助成対象外

2009/05/08

産婦人科

医療費

19,470

妊婦としての初回健診多数(助成対象)

2009/06/04

産婦人科

医療費

5,330

助成対象

2009/07/02

産婦人科

医療費

3,940

助成対象

2009/07/30

産婦人科

医療費

3,000

助成対象

合計

ツꀀツꀀ

49,140

ツꀀ

「2回は1万後半、それ以外も5,330円とか、安くても3,000円くらい・・・」

比べて見ると、うちの状況と殆ど同じですね。

ん~、こうやって積み重ねると結構な額になってしまっています・・・最終的にどれだけ掛るのやら・・・

妊婦健診:23週目

8 月 6th, 2009

病院にてエコー検査を行って貰いました。

そろそろ性別が分かるハズなのですが、子供の向きが悪いとの事で残念ながら判別不能。

体重は、一月前の倍の600g位じゃないかな~との事。

ツꀀ

↓これくらい

レシートリーダー:妊婦健診などの出産にかかった費用 1~4ヶ月目

7 月 8th, 2009

前回紹介したレシートリーダーで取得していた家計簿から、うちの"教育・育児"に関するデータを抽出してみました。

妊娠から4ヵ月目位までで、これ位の費用がかかるんだな~といった費用感の参考になれば幸いです。

 

1ヶ月目

妊娠が確定していないので"教育・育児"に関する費用はありません。

 

2ヶ月目

日付

店名

品目

価格

費目

2009/04/01

産婦人科

医療費

17,400

教育・育児

合計

   

17,400

 

2ヶ月目は医療費のみですね。

この産婦人科での健診で、妊娠が確定しました。

ちなみに、この初回の健診は14回の妊婦健診助成の対象外でした。
(まだ妊娠が確定していないので妊婦健診ではないとの事。)

 

3ヶ月目

日付

店名

品目

価格

費目

2009/05/08

産婦人科

医療費

19,470

教育・育児

2009/05/08

ハトヤ本店

被服費

1,260

教育・育児

2009/05/16

多慶屋

被服費

440

教育・育児

2009/05/16

ハトヤ本店

被服費

2,100

教育・育児

2009/05/18

株式会社リブロ

書籍

599

教育・育児

2009/05/31

多慶屋

化粧品

12,840

教育・育児

合計

   

36,709

 

3ヶ月目から、マタニティ系の被服や肌荒れ対策用の化粧品・出産関係の書籍の購入を始めました。

この時の妊婦健診から妊婦健診助成の対象となりましたが、病院側から提示された選択式の検査を色々行うと8,500円の助成を受けても2万弱の費用がかかる結果となりました。

台東区は、初回の助成上限が高めの8,500円となっており、ある程度の考慮はされていると思うのですが無料化と謳われてしまうと気になる結果ですね。。

 

4ヶ月目

日付

店名

品目

価格

費目

2009/06/04

産婦人科

医療費

5,330

教育・育児

2009/06/04

イトーヨーカドー

化粧品

498

教育・育児

2009/06/04

ドラッグぱぱす

化粧品

3,675

教育・育児

2009/06/06

コクミンドラッグ御徒北口店

医薬品

798

教育・育児

2009/06/09

イトーヨーカドー

被服費

3,368

教育・育児

2009/06/09

水天宮

祈祷費

6,000

教育・育児

2009/06/13

株式会社アカチャンホンポ

被服費

10,142

教育・育児

2009/06/18

株式会社リブロ

書籍

599

教育・育児

2009/06/20

東京靴流通センター

被服費

1,890

教育・育児

2009/06/21

イトーヨーカドー

化粧品

3,174

教育・育児

2009/06/27

ASTORIA

被服費

1,050

教育・育児

2009/06/27

オーエスドラッグ

医薬品

398

教育・育児

2009/06/27

コクミンドラッグ御徒北口店

医薬品

498

教育・育児

2009/06/27

マツモトキヨシ上野アメ横店

化粧品

1,512

教育・育児

合計

   

38,932

 

4ヶ月目は、つわりも落ち着き色々と買い集め始めた時期ですね~

まずはマタニティ用品を揃え始めた段階で、ベビー用品にはまだ手を付けていない状況です。

妊婦健診に関しては、助成対象の2回目で5,000円の助成が出ているのですが、差額5,330円との結果となっています。

 

ちなみに、4ヶ月目までの合計は、93,041円でした。

ん~ これらの集計結果から"教育・育児"の費目には月々3~4万位考えておくかな~。

 

つづく

台東区の実情:妊婦健診の地域格差が「朝ズバ!」でネタになっていましたね Part.3

7 月 6th, 2009

妊婦健診の地域格差について3回目の投稿となります。

今回は、実際に利用させて貰っている立場から、台東区の妊婦健診の状況について調べてみます。

 

■台東区の妊婦健診について

まずは台東区の今年度の妊婦健診の状況について。

実際に区役所から貰った物は、以前このブログで紹介した通り。

「妊婦健康診査受診票とやらもあるようです | 上野・台東区の出産・子育て生活事情・・・」

http://taitouku-kids.drmg.net/archives/taitouku_boshitetyo_ninpukenkoushinsa.html

この時に貰った妊婦健康診査受診票の枚数は14枚。

台東区は、景気対策で謳われている14回を満たしているようです

 

前回から不明だった金額は?と再度台東区のホームページを確認してみたのですが、金額は記載されていませんね。

「台東区ホームページ 妊婦健康診査」

http://www.city.taito.tokyo.jp/index/064566/005888.html

 

気になったので病院で聞いてみた所、初回が8,500円、2回目からは5,000円との事。

おそらく「里帰り出産等妊婦健康診査費助成」の助成限度額と同じ金額なのでしょう。

3 助成限度額(平成21年度中に受診した場合)
・妊婦健康診査受診票1回目(水色)…8,500円(助産所は対象外)
・妊婦健康診査受診票2014回目(黄色)…5,000円
・妊婦超音波検査受診票(白色)…5,300円(助産所は対象外)

 

とすると、14回の助成で受けられる限度額合計は次の通り。

8,500円+(5,000円×13回)=73,500円

 

この限度額合計を、都道府県別の妊婦健診の公費負担額の平均に照らし合わせてみると・・・

「妊婦健診の地域格差が「朝ズバ!」でネタになっていましたね Part.1 | 上野・台東区の出産・子育て生活事情・・・」

http://taitouku-kids.drmg.net/archives/ninpu_kenshin_tiikikakusa_1.html

都道府県別の妊婦健診の公費負担額(4/1 時点の平均)

順位

都道府県

公費負担額

41

岩手県

7万3,996円

42

栃木県

7万3,000円

43

大分県

7万2,440円※

44

香川県

7万500円

45

神奈川県

6万1,295円

46

愛媛県

6万635円

47

大阪府

3万9,813円

 

42位だったのですね・・・しかも限度額合計なので実際はもっと順位が低いハズ・・・orz

 

妊婦超音波検査受診票(白色)も妊婦健診の一つと考え5,300円を足した場合でも36位・・・。

8,500円+(5,000円×13回)+5,300円=78,800円

順位

都道府県

公費負担額

31

山梨県

8万4,214円

32

三重県

8万1,916円

33

宮崎県

8万808円

34

奈良県

8万141円

35

東京都

7万9,740円

36

福島県

7万8,793円

37

岐阜県

7万8,707円

38

埼玉県

7万7,725円

39

兵庫県

7万6,932円

40

山形県

7万5,000円

 

台東区は妊婦健診に力を入れている印象があったのですが全国平均から見ると、それ程でもなかったのですね。。

 

■去年の台東区の妊婦健診について

2009年3月31日までの妊婦健診の情報は、次のページに記載されています。

「台東区ホームページ 妊婦健康診査費助成」

http://www.city.taito.tokyo.jp/index/064566/045121.html

《助成の内容》
○ 妊婦健診受診1回あたり6,000円×助成対象回数
○1回の妊娠につき12回まで
○受診回数は、母子健康手帳の「妊娠中の経過」ページ
で確認します。
○助成対象回数は、受診回数から受診票2回分 (使用
の有無にかかわらず)を差し引いた回数になります。
○里帰り出産で後期受診票を使用されない方は、里帰り
妊婦健診費助成制度をご利用下さい。

例:妊婦健診受診回数14回の場合
(母子健康手帳の記録確認)
助成対象回数 14-2=12回
6,000円×12回=72,000円
出産後に一括申請し、72,000円が助成されます。

 

今年度の14回の助成の限度額合計の73,500円と比較すると1,500円しか変わっていません。

(しかも去年の助成は限度額ではなく、一回あたり6,000円が支給されている様にも読み取れます・・・)

助成の限度額は、大きく変更せず12回から14回に増やし一回の助成限度額を6,000円から5,000円に減額したって所ですかね。

細かくは、初回の健診のみ8,500円にアップしていますが、微々たるものですね。

これらの助成額の変化から考えると、台東区も問題となっている自治体と同じく景気対策の効果が薄かったという事なのかもしれません。

 

■妊婦健診にかかった金額

実際の病院での支払い時は、妊婦健康診査受診票を渡すだけなので助成額がいくらだったか分からないのですよね。

これまで助成を受けた妊婦健診は3回で、実際の助成額は病院で聞くことで分かりました。

妊婦健診にかかった金額

 

支払額

助成額

合計額

一回目

18,000円

8,500円

26,500円

二回目

4,840円

5,000円

9,840円

三回目

3,000円

5,000円

8,000円

 

支払額が、実際に病院に支払った金額。

助成額が、病院から聞いた助成額の金額。

こうやって実際にかかるハズだった合計額を出して見ると、ありがたみが感じられます。

 

しかし景気対策として1580億円投入し、実際いくら助成されたか分からないのでは、ありがたみが薄いですね。

しかも毎回差額を払うので無料じゃなかった感しか残らない・・・こんな人も多いのでは無いでしょうか?

ん~ せっかくの景気対策なのですから、無料化などと過度な期待をもってしまう表現は使用せず、実際の助成額が伝わる簡単な仕組みを考え仕込んでおくだけでも効果が大きく変わりそうな気がしますが、なんだか勿体ないですね~。

 

 Page 4 of 6  « First  ... « 2  3  4  5  6 »