「出産前に行った手続き」「出産後に行う予定の手続き」を書きだしてみる

11 月 17th, 2009

妊娠39週目と、そろそろ本当に生まれてきそう。

 

今回は自身の整理意味も含めて、出産前に行った手続きと出産後に行う予定の手続きを書きだしてみる。

ちなみに労働基準法で決まっている、ギリギリの6週間前まで働いていました・・・。

 

出産前に行った手続き

  • 休暇利用申請書・・・会社向け
    • 産前産後休暇の申請を行いました。
    • 産前42日間、産後56日間が限度。
    • 実際に生まれた日によって、産前休暇の期間が短くも長くもなる。
    • うちの会社のルールで考えると産休と育休の手当の計算方法が異なり、産休の方が手当が多い。
    • 出産日が遅れる等で、産前休暇が伸びた方が金銭面は助かる。
  • 育児休業制度利用申請書・・・会社向け
    • うちの会社の場合、1歳6カ月まで、育児休暇を取れる。
    • 最初の一年間は手当が出るが、残りの6カ月は手当なし。
    • とりあえず一年間育児休暇をとり、手当が出なくなる6カ月間は、その時の状況で再申請を判断予定。
  • 妊娠を証明する書類・・・会社向け
    • 産婦人科で、出産予定日が書かれた妊娠証明書を発行して貰った。一筆5,000円也(TT;
    • 母子手帳の出産予定日の記述で認めてもらえれば良かったのだけど、会社に交渉する前に病院で発行して貰ってしまいました。(TT;
  • 出産一時金・・・健康保険
    • 今年10月から、42万円が支給される様になった物ですね。(以前は、38万円)
    • 以前は現金支給だったが、今年から健康保険から病院へ直接支払を選択できるようになった。
    • うちの場合は、直接支払を選択したので、病院へ書類を提出済み。
  • 出生届けの書類を事前入手・・・区役所向け
    • 出産予定日が月末という事もあるので、念のため入手しておく。
  • 出産時の入院保証金・・・病院向け
    • 出産時の入院保証金の様な物?として、約20万円を用意。

 

出産後に行う予定の手続き

  • 出生届け・・・区役所向け
    • いろいろ他の資料に影響するので、生まれたあと真っ先に出す予定。
  • 児童手当・・・区役所向け
    • 台東区からの手当。(所得制限ありとの事)
    • 手当月額、第1子・第2子・・・5,000円 第3子以降・・・10,000円。(ただし、3歳未満は一律10,000円)
    • 手続きには、印鑑、保護者名義の銀行口座が分かるもの、保護者の健康保険証のコピーが、必要との事。
  • 医療費助成・・・区役所向け
    • 台東区からの助成。
    • 15歳到達後最初の3月31日までの児童への医療費を助成する。
    • 交付される医療証を、健康保険証と一緒に提示して使うとの事。
    • 手続きには、児童が加入している健康保険証のコピーが必要。(加入手続き中でも申請可能)
  • 出生通知書・・・保健所向け
    • 赤ちゃんの訪問指導や乳幼児健康診査の通知のもととなる。
    • 母子手帳を貰った時、一緒に「出生通知書」はがきを貰った。
    • ネットでも手続き可能との噂あり。(要確認)
  • 出産手当金請求書・・・健康保険向け
    • 出産すると産前休暇の日数が決まるので、産前・産後休暇中の手当を請求する。
    • 病院発行の出産証明書が必要。(健保向けの証明書は、おそらく保険が効くと思うので数百円で済むはず・・・?)
  • 出産一時金付加請求書・・・健康保険向け
    • 健康保険組合が独自に決めている、出産一時金の付加給付金。(うちの場合、10万円)
    • 健保から病院に直接支払を行った、出産一時金に差額が発生した場合は、この請求書で帰ってくるはず。
  • 育児休業対象児出生届・・・会社向け
    • 育児休暇の申請は仮の扱いなので、この書類で正式に育児休業を申請する。
  • 身上異動届け・・・会社向け
    • 税金・健保等の取扱いが変わるという届け出。
  • 扶養控除等申告書・・・会社向け
    • 生まれた子供を税法上で、扶養するという届け出。
  • 健康保険被扶養者(異動)届・・・会社向け
    • 生まれた子供を健康保険上で、扶養するという届け出。
  • 年末調整・・・会社向け
    • たまたま、11月末というタイミングの悪い時期なので、年末調整時の扶養控除申告書の修正が必要になるかも。。
  • 慶弔金申請書・・・会社向け
    • うちの会社の場合、出産時に1万円の支給がある。
  • ベネフィット・・・会社が契約している福利厚生向け
    • 出産祝いの手続きを実施。
  • 確定申告・・・税務署
    • 来年と先の話ですが、医療費控除を受けるのであれば、レシートの準備等が必要ですね。
    • 通院回数と交通費(タクシー、JR)もあわせて申請予定。

 

ん~ 調べながら書きだしただけで、数時間・・・疲れて整理する気力がありません。

これで足りているのかも不安ではありますので、ぼちぼち加筆・修正していきますかね・・・

台東区プレミアム付き共通商品券購入しました

10 月 20th, 2009

台東くんのキャラクターでおなじみ?の、プレミアム付き共通商品券を購入しました。

たいとうすくすく手形を利用できたので、10冊5万円分を購入し1割分プレミアムが付いています。

この500円券が11枚つづりになっており、1冊5,500円分の金券となります。

使用期限は、2010年2月28日までなので注意が必要です。

ツꀀ

肝心の利用可能な店舗は、少し大きな冊子で数多くの店舗数が記載されていました。

残念ながら近所のスーパーは、対象になっていない様ですが、多慶屋と上野ヨドバシカメラで使えるようですので、問題無し!

うちの場合、殆どはこの2店舗とアメ横の店で使う事になりそうです。

ツꀀ

しかし、数万の物を購入する場合は、500円券を数十枚出す事になるのでしょうね(^^;

レジの人は大変そう。。

1割のプレミアム付き台東区共通商品券

10 月 4th, 2009

台東区でもプレミアム付き共通商品券が販売されるようですね。

最初に気付いた情報源は、9月20日分の「広報たいとう」。

どうやら、1冊5000円の商品券を購入すると1割のプレミア(500円)が付くようです。

ツꀀ

台東区のホームページに詳細が記載されていました。

「台東区ホームページ プレミアム付共通商品券を発売します。」
http://www.city.taito.tokyo.jp/index/064575/076670.html

○対象:区内在住か在勤の16歳以上の方(先着順)

○金額:1冊5千円(5千500円分)

○購入方法:販売場所で配布する購入申込書と引き換えに販売

  ※申込書は、発売日当日のみ配布

○購入限度額:1人3万円(6冊)

  ※たいとうすくすく手形持参の方は、1人5万円(10冊)まで

○利用期間:平成21年10月18日(日)0平成22年2月28日(日)

○取扱店舗:取扱店一覧は、購入時に配布(事前に台東区商店街連合会のホームページに掲載予定)

ツꀀ

「get大江戸TAITO - 台東区商店街連合会公式サイト」
http://www.oh-edo-taito.com/

↑さらに32型TVが当たるチャンスもあるそうで楽しみです。

ツꀀ

これは是非利用したい所ですが、利用期間が4ヵ月ちょいと短い点と取扱店舗が購入時にしか分からない点が、限度額まで購入するか悩ましい所・・・。(多慶屋や上野ヨドバシカメラで使えれば、上手く使い切れそうなのですが・・・)

ちなみに限度額は、母子手帳と一緒に貰える「たいとうすくすく手形」があれば、5万円となるようです。

1人づつ購入できるので夫婦それぞれ限度額まで購入し、地上デジタルTVを購入するなんて案もよいですね。

ツꀀ

販売日は、2009年10月18日(日)10:00~16:00

販売場所は、次の通り。

ツꀀ

ツꀀ

ん~ 上手く使えれば、かなりお得ですね。

節約ネタ:JR東海エクスプレスカードで新幹線予約・・・片道601Km以上の場合、特急券はPC経由+乗車券は緑の窓口購入がお得との事

8 月 4th, 2009

カレーのルーが過剰包装のごとく小分けになっていた事に驚いている、今日この頃。

一皿1ルーと利用する量を調整しやすくなったかと思いきや、一箱の量は10皿分から8皿分に減っていました・・・orz

と、身近な所で不況を実感しつつありますので、抑えられる出費は抑えるという方向性で、今回は夏休みの交通費を押さえる話。

「エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約」

http://expy.jp/service/admission/index.html

まずは結果として、これまで新幹線で東京から小倉に帰省するのに通常購入していた場合は41,200円かかっていたのですが、JR東海EXPRESS CARDを利用すると37,620円となりました。

3,580円のお得! お弁当・お土産代位にはなりそうですね。

■通常購入とJR東海EXPRESS CARD利用時の内訳比較

東京~小倉間

乗車券
(往復割引)

のぞみ指定席

(片道×2)

合計

通常購入

23,040円

9,080円(※1)×2

41,200円

EXPRESS CARDツꀀ

23,040円

7,290円×2

37,620円

※1のぞみ指定席9,080円は、夏休みの期間なのか9月1日と比較すると400円程高いようです。

ツꀀ

この特急券JR東海のEXPRESS CARDを取得する事によりインターネット上で購入できる点は便利なのですが、東京-小倉間往復する場合は特急券をインターネット上で購入し、乗車券は緑の窓口で購入した方がお得との事。。。

(カードに同封されていたEXPRESS予約スタートガイドによると、営業キロが片道601キロ以上の区間で往復する場合は、"往復割引乗車券"の方がお得なので、乗車開始駅で購入すべしと書かれていました。)

ん~インターネット経由と窓口の併用は二度手間でしかないのですが、2009年8月時点の東京~小倉間では、この買い方が一番安いようです。

ツꀀ

■JR東海EXPRESS CARDを利用した購入メリットと考慮点

  • インターネット経由での特急券割引がお得
  • ポイント制度あり(ポイントでグリーン車に乗れるとの事。)
  • PCや携帯経由での指定席予約可能(窓際座席指定・禁煙/喫煙等)
  • カードの特典(加入後、3カ月以内に3万円以上利用すると3,000円の商品券を貰えるらしい。)
  • カードの維持費に年間1,050円
  • 営業キロが片道601キロ以上の区間で往復する場合の乗車券は、"往復割引乗車券"を緑の窓口で購入した方がお得。

ツꀀ

■2009年8月29日以降は、EXPRESS-ICカードの新サービスも要検討

さらに今回の購入では、区間が対象外だったので利用していないのですが、2009年8月29日以降にチケット購入を行う場合は、EXPRESS-ICカードの新サービスも検討対象に含めた方がよいようです。
(EXPRESS-ICカードは、JR東海EXPRESS CARDを契約すると後ほど送られてきます。)

2009年8月28日までは、EXPRESS-ICカードの区間が東京~新大阪間のみでしか使えなかったのですが、2009年8月29日からは、新大阪~博多間でも利用できるようになり、さらに"IC早得"というサービスも導入されるとの事。

これらの詳細な割引額までは調べきれていませんが、EXPRESS-ICカードの"新幹線チケットレス運賃"と"IC早得"の組み合わせが、"往復割引乗車券"よりもお得な場合は、インターネット上で特急券と乗車券を、まとめてお得に購入でき便利になります。

気がかりな点は、"IC早得"は乗り遅れたら切符が無駄になるといった縛りも想定され、その場合"往復割引乗車券"との差額が数百円レベルだったら、今回の買い方も視野に入ってくるな~などと考えていると、頭がこんがらがってきたので、先の事は、その時に考える事にして寝ます・・・

ツꀀ

JRの割引、非常にややこしいですね。。。

次回の帰省時(いつになるやら)には、東京-小倉間でEXPRESS-ICカードの実際の利用も検討してみるかな。